不動産会社の中には賃貸物件の申込金の取り扱いが不透明なところもありますので注意しなければいけません。

賃貸物件の選び方について
賃貸物件の選び方について

物件申込みで気になる賃貸物件を仮押さえしよう

賃貸物件の下見の際に本当に気に入った賃貸物件が出てくることもあります。しかし、その物件以外にももっと良い物件が見つかるかもしれません。だからと言ってその物件をそのままにしておけば他の人に先に借りられてしまうこともあります。そのような場合は、物件申込みをすることが良いです。物件申込みをすることで不動産会社では物件を仮押さえするのですが、これには多くの場合、申込書と申込金を必要とします。申込みをした後で、やっぱり借りないとなった場合は支払った申込金は返却されますが、大家さんに対しては迷惑な行為となりますのでほどほどにしましょう。物件の申込金は概ね家賃の一ヶ月分が必要です。そして、その物件を契約することになれば、支払った申込金はその賃貸物件の初期費用に充てられる場合が多いです。

また、この申込金は支払いをしたら忘れずに預り証を貰うようにした方が良いです。不動産会社の中には、色々な理由を付けて返却しないこともあります。また、領収証ではなく預り証だということにも注意しましょう。領収証では意味合いが全く違います。あくまでも預けたお金だという認識をもち対応しましょう。さらに、申込金を数カ月分必要とするような不動産会社もあまりおすすめは出来ません。

Copyright (C)2017賃貸物件の選び方について.All rights reserved.