賃貸物件の契約には色々な専門用語も飛び交いますので、不安や疑問は逐一確認をしながら進めましょう。

賃貸物件の選び方について
賃貸物件の選び方について

賃貸契約で確認したいこと

賃貸物件は基本的に契約日から家賃が発生します。ですから、引越しの段取りも前の部屋の退去日もスケジュールを上手に組み、出来るだけ二重家賃が発生しないように気をつけたいものです。また、契約をする前には気になることは質問し、疑問や不安なことは全て解決するという気持ちが必要です。分からないことがあるのは当然ですが、そのままにしておくのは良いことではありませんし、それが原因で後になってトラブルになることも考えられます。契約をした後で「知らなかった」はほぼ通用しませんので、契約前の確認が必要なのです。あまりにも細かい部分まで質問をしすぎると煙たがられる場合もありますが、そこは素人の強味です。遠慮せずに納得できるまで聞いた方が良いです。

また、重要事項説明などは不動産会社から書面を一緒に見ながら説明をしてくれますが、これについても専門用語が多いので分からない部分が沢山あるかもしれません。基本的に問題の無い内容だと考えられ、借りる側が不利益を被ることは殆どない筈ですが、納得出来ない部分は分かりやすい説明を求めても良いでしょう。また、契約書や重要事項説明書に記載が無い口頭説明のものは、別で書面を貰うか追記をしてもらい、口約束で終わらないようにすることが大切です。

Copyright (C)2017賃貸物件の選び方について.All rights reserved.